落とし卵とほうれん草と玉ねぎが入った味噌汁が好きです。

箸安めにもなりますし、具沢山にすれば立派なおかずの一品にもなる便利で健康的な日本の食文化だと思います。

 

おみそ汁は野菜でも肉でも魚でも、どんな食材とも相性が良くて失敗が少ない、とても貴重な料理だと思います。

 

以前テレビで、マツコ・デラックスさんがリンゴ入りのおみそ汁を飲んでいらっしゃいましたが、それすら「酸味はあるけど美味しい」と仰っていました。

 

おみそ汁のうま味成分は何にでも合うのだなと感心しました。

 

具材の組み合わせによってうま味や風味も変わってきますし、おみその種類やお出汁でも味が全然違ってくるのでとても奥深い料理だと思います。

 

日本食の基本ですし、小学校の調理実習などで習うなど料理初心者が最初に挑戦するメニューという印象がありますが、実はかなり難しい料理なのではと感じています。

 

お行儀は良くないですが、おみそ汁をご飯にかけて食べるのも好きです。

 

またそうめんやうどんを入れて食べても美味しいですし、色々とアレンジがきくところもおみそ汁の魅力だと思います。

お湯を注ぐだけのお手軽おみそ汁

お湯を注ぐだけで10秒で美味しいおみそ汁が飲めるというのは非常に有難いです。

 

何か1品足りないときにも便利ですし、一人暮らしだと面倒くさくてなかなかおみそ汁を作って飲もうとは思わないので、フリーズドライという手軽さは嬉しいです。

 

お湯を注ぐだけで簡単なので小腹が空いたときにもすぐに飲めて便利ですし、おみそ汁なら身体が温まり、低カロリーで栄養価も高いので受験生のお夜食にもぴったりだと思います。

 

持ち運びにも便利なのでお弁当にはもちろん、日本食が恋しくなる海外出張などにも役立つと思います。

 

フリーズドライなら保存もきくので災害時の非常用食品としても使えますし、おみそ汁はどの家庭でも飲むと思うので、お中元やお歳暮などのギフトで贈っても喜ばれると思います。

 

具材の種類も豊富で日替りで選ぶ楽しみがあって良いと思います。

 

特に「もずくとめかぶ」は家では作ったことがない具材の組み合わせなので、是非飲んでみたいです。